英彦山

ネット
英彦山の最新情報

不動窟へ

7月5日(日)英彦山の山内やかつての神領には、山伏の修行窟が点在しており、登山者には智室窟や二戸窟、大南窟などがお馴染みだが、「不動窟」は近くにありながらあまり知られていない。
久し振りに行ってみると、やはり重々しく少し暗い一帯の雰囲気は変わることなく、これも人目にさらされることなく、時間を刻んでいるからかも知れない。
そしてこの不動窟は、豊前国三十三観音霊場の三十三番札所「鳥尾寺(鳥尾神社)としても信仰され今に至っています。
銅鳥居..

-- 提供:英彦山からの便り

英彦山修験道

福岡県にある標高1199mの英彦山(ひこさん)は、羽黒山、熊野大峰山とともに日本三大修験山のひとつである。修験道とは、山岳信仰、神道、仏教、道教、五行思想などを習合し、自然を畏敬する信仰。

「著作権:九州大学 知足美加子*本研究はJSPS 科研費 16K02314 の助成を受けています」

2020年度
■4/4(土)AM 参道一斉清掃
4/11(土)・12(日) 神幸祭おもてなし事業 ※中止になりました 地図
5/10(日)AM 増了坊整備作業 ※中止になりました
6/6(土) 総会及び記念講演・懇親会 ※中止になりました
 ※総会は郵送での書面審議、懇親会は別途計画する予定です。

6/14(日) 6/21(日) ちまき作り体験会
※日程を変更して実施します

■7/11(土)・12(日) 宿坊体験・修験窟めぐり「坊泊(BOUHAKU)」
■8/14(金) 参道灯篭まつり「天空・祖霊の灯火」
■9/5(土)AM 増了坊整備作業 地図
■9/5(土)PM 定例会及び勉強会 地図
■10/10(土) 山伏修行体験会
■10/24(土) 草木染体験会 地図
■11/7(土)・8(日) 秋のおもてなし事業 地図
■11/21(土)・22(日) 宿坊体験「坊泊(BOUHAKU)」(追加事業)
■12/5(土)AM 増了坊整備作業 地図
■12/5(土)PM 定例会及び勉強会 地図
■1/31(日) 雪遊び又は凧揚げ会 地図
■3/20(土)AM 増了坊整備作業 地図
■3/20(土)PM 定例会及び勉強会 地図

年間計画(案)

-- 英彦山門前町同好会
ちまき作り体験会参加者募集

ちまき作り体験会参加者募集

伝統的な昔ながらの作り方の「ちまき作り体験会」です。白い団子を、葉っぱで包んで蒸し上げます。
葉っぱで包むところを体験して頂きますが、コツをつかむまでは結構難しいです(^_-)-☆
料金:大人600円、小人300円、募集人数15名程度、ちまきのお土産あり。素朴な味わいです!!お子さんとの参加も楽しいと思います。

日時:2020年6月21日(日)13時30分~

場所:英彦山スロープカー花駅内の食堂「花縁」地図

お問い合わせ:0947-31-4000(松養坊)

※定員になりましたので、受付終了しました

-- 英彦山門前町同好会
英彦山の英彦山門前町同好会の「手ぬぐい」が<br>出来ました

英彦山門前町同好会の「手ぬぐい」が
出来ました

右下には

彦山ハ神代よりの名岳にして
池水に古歌あり十二の神
社あり 縁起に委し
霊験記あり

と書かれています。

-- 英彦山門前町同好会
活動記録

活動記録

-- 添田町観光ガイドの会
英彦山の花ごよみ

花ごよみ

-- 添田町観光ガイドの会
英彦山の坊泊オプションツアー「ひこさんぽ」

坊泊オプションツアー「ひこさんぽ」

「坊 泊 -BOUHAKU-」のオプションツアーとして、ガイドの解説を聞きながら英彦山の自然や文化を味わうことのできるプランをご用意しました。

日時:2020年7月11日(土)

集合場所:英彦山スロープカー花駅 地図

※「Bプラン修行窟巡り」は定員に達しました。ありがとうございました。

お問い合わせ:090-8411-3817(藤田)

-- 添田町観光ガイドの会
英彦山 ②葉っぱを落とします

②葉っぱを落とします

無農薬で栽培している為、たまに虫食いがありますので、虫食いを確認しながら葉っぱを落としていきます。

-- 英彦山 地域デザインLLP
英彦山 ⑤材料を混ぜます

⑤材料を混ぜます

柚子、こしょう、塩をフードプロセッサーで混ぜて、練り上げていきます。

塩分控えめ、こしょうたっぷり、フレッシュ柚子た~~~~ぷり入ってます\(^o^)/

-- 英彦山 地域デザインLLP
英彦山 ⑦ビンに詰めます

⑦ビンに詰めます

なるほど!(*^。^*)絞り袋で入れていくんですね!!
ちょっと楽しそうかも!

-- 英彦山 地域デザインLLP
英彦山 【ウクレレ、多肉植物販売】

【ウクレレ、多肉植物販売】

URARA*GARDEN

-- 木もくまつりinそえだ 2019/10/05・06
英彦山 【SlowP】

【SlowP】

Have Some Fun!
http://havesomefun.jp/

-- 木もくまつりinそえだ 2019/10/05・06
英彦山 【布絵シアター・紙芝居】

【布絵シアター・紙芝居】

北九州インタープリテーション研究会、
豊の国海幸山幸ネット
http://kitakyushuinterpret.blog137.fc2.com/

-- 木もくまつりinそえだ 2019/10/05・06
駒どり食堂

やまめ定食(竹)1,450円

人気のやまめ定食です。
やまめの塩焼き、鯉こく、とうふ、きんぴらごぼう、漬物、ごはん が付いています。
鯉こくには、柚子ごしょうを入れてお召し上がりください。
香りが良く、体があったまりますよ(^o^)。

-- 駒どり食堂
英彦山 やまめ・鯉料理の【 駒どり食堂 】

やまめ・鯉料理の【 駒どり食堂 】

英彦山の清流で育った新鮮な「やまめ・鯉料理」のお店です。
JR彦山駅の前ですので、英彦山にお越しの際はぜひご賞味ください。

-- 駒どり食堂
英彦山 生けす

生けす

やまめは清流でしか生きられない川魚です。
きれいな地下水を常に流して、生けすの水を新鮮に保っています。

-- 駒どり食堂
英彦山 ティラミス

ティラミス

-- かじか庵
英彦山 かじか庵

-- かじか庵
英彦山 めんたいワイドで山本華世さんに食べて頂きました!

めんたいワイドで山本華世さんに食べて頂きました!

豆腐ハンバーグの材料には、豆腐が60%入っています。
英彦山神宮の一枚岩から湧き出すとても美味しい御神水を使った「伊藤さんの豆腐」は豆の甘味がすごく感じられる人気の豆腐で、お肉との相性がとてもいいです。

-- かじか庵
手づくりこんにゃく英彦山 田舎

手づくりこんにゃく英彦山 田舎

生のこんにゃく芋と乾燥こんにゃく粉を混ぜてつくっております。 プリプリした食感で、このまま水洗いをして薄く切り刺身としてご賞味頂けます。 また煮物にも合い、食感は損なわず、味のしみ込みが早いのが特徴です。

-- 手づくりこんにゃく英彦山 平田屋
英彦山 水洗いだけですぐに食べられます

水洗いだけですぐに食べられます

こんにゃくはアク抜き(お湯で茹でる)をしなければ、アクの臭いが強く、そのままでは食べられません。料理をするには少し手間がかかります。

そこで私達は、調理に手間が掛からないよう、できるだけアクの使用を減らし、さらにひと手間かけることで、アクの臭いを出来るだけ少なくするようにしております。

よってすべてのこんにゃくはアク抜きが要らず、水洗いだけでお召し上がり頂けます。

-- 手づくりこんにゃく英彦山 平田屋
この道20年の手づくり

この道20年の手づくり

英彦山の麓に工場を持ち、手作りのかまどに大きな鉄鍋を据えて、薪で湯を沸かし、一個ずつ丹精込めて造っています。

こんにゃくは作り方次第で、色々な食感や風味になります。私たちはその作り方にこだわり、何人もの方々に何回も試食して頂き、試行錯誤するなかで、より良い食感、素材の風味を活かすことのできる造り方ができるようになりました。

このこだわりの造り方でできた、ローカロリーで健康に良いこんにゃくを皆様の食卓にお届けしたいと考えております。

-- 手づくりこんにゃく英彦山 平田屋
英彦山の高取焼 比古窯

-- 高取焼 比古窯
英彦山 「比古窯」店内です

「比古窯」店内です

窯元での販売もしています。
是非、お立ち寄りください。

-- 高取焼 比古窯
ミニ鉢

ミニ鉢

-- 高取焼 比古窯
英彦山観光りんご園

-- 英彦山観光りんご園
英彦山観光りんご園

-- 英彦山観光りんご園
英彦山観光りんご園

-- 英彦山観光りんご園
英彦山 紅葉

紅葉

お店から見える
川岸にあります

-- 長谷の里
英彦山の秋期限定平日営業

秋期限定平日営業

11月22日(水)まで
火曜日を除く平日も営業しています
平日の営業時間は11時~16時です

-- 長谷の里
とりもも焼

とりもも焼

24年続く、かわらぬ味
隠し味に「天狗の油をちょいとつけて」!

-- 長谷の里
霧の銅の鳥居 シャクナゲ 護摩焚き 英彦山 英彦山神宮神幸祭の神輿 銅の鳥居 英彦山神宮神幸祭の稚児舞 上宮付近の空 英彦山神宮の絵馬
英彦山
英彦山神宮神幸祭の神輿
銅の鳥居
英彦山神宮神幸祭の稚児舞
上宮付近の空
英彦山神宮の絵馬

国宝の日本刀「江雪左文字(こうせつさもんじ)」を作った有名な刀鍛冶「左文字」の祖は英彦山の修験者であり刀鍛冶でした・・・
背振山の月
金剛兵衛・源盛高を訪ねて(その1)
金剛兵衛・源盛高を訪ねて(その2)
金剛兵衛・源盛高を訪ねて(その3)
英彦山と修験者を訪ねて(前編)
英彦山と修験者を訪ねて(後編)
お店・施設・団体紹介
リンク
(c) 英彦山ネット